自宅でも作れる介護食のレシピ|楽しい食事時間にするために

安心できる施設選び

部屋

施設の種類とメリット

日本では、2025年問題を控え、高齢化が加速しています。比例して介護が必要な人口が増えてきましたが、一方で核家族化や少子化から介護できる人口は減少することが予測されています。これらから、今後の高齢者の生活の場の確保が問題となっています。一般的には、長く住み慣れた在宅で生活できることが望まれるものの、様々な問題により在宅生活に限界が生じることがあります。その支えとなるのが、介護施設です。介護施設には、状態によって特養施設、老健施設、グループホーム、有料老人ホームなどがあります。適切な時期に適切な介護施設に入所することで、当事者のみならず、家族その他の方々も安心して過ごすことができます。近頃は、様々なサービスを兼ね備えた介護施設が出来ていますので、新たな生活の場の選択肢として考える方も増えている傾向があります。

施設選びの留意点

介護施設には、先に挙げたように、様々な種類の施設があります。中でも、近年多く建てられている、有料老人ホームは様々なバリエーションがあり、人気の介護施設です。自身の状態に応じた施設選びができれば、安心・安全が得られる反面、誤った選び方をすると、不安やリスクが生じることがあります。それでは有料老人ホーム選びのポイントを、いくつか挙げていきます。一つは利用料です。およそ月々13万円から20数万円程度と、有料老人ホームによって利用料の差があります。月々の利用料と受けられるサービス内容を十分に把握して、そのコストパフォーマンスを検討する必要があります。二つ目は医療管理の課題です。看護師は日中のみ配置されている施設もあれば、24時間配置されているところもあります。その方の状態に応じた施設でなければ、治療の限界があり、退所しなければならないこともあります。三つ目に、施設の籍についてです。入所後に病気で入院した場合、施設によって籍が切れてしまう期間が異なります。介護施設よっては、一ヶ月しか籍がないというところもありますので、十分に契約内容を確認する必要があります。