自宅でも作れる介護食のレシピ|楽しい食事時間にするために

生き生きと生活するために

介護師と女性

人気には理由があります

高齢化社会に伴って老人ホームやサービス付き高齢者住宅の需要が高まっています。高齢になると生活する上で色々不便な点が出てきます。高齢者が生き生きと楽しく快適に生活するために、また家族がメンタル、体力共に健康でいられるために、そのような施設の利用は有効な選択肢と言えます。施設で提供される介護食に関しても、安心安全なものが提供されます。また入居している高齢者にとって毎日の食事はとても楽しみなものです。人によっては塩分を控えたり油分を控えたりする必要がありますが、それをカバーした上で、できる限り美味しく食べてもらえるように介護食は工夫されています。施設の介護食が高齢者にとって人気なのはそういった理由があるからです。

変更も可能です

施設に入居している高齢者の中には徐々に老化が進んだり、歯の状態が悪化して上手に食事を取れなくなる人もいます。施設では状況によって介護食のスタイルを変更してくれるので必要に応じてスタッフに相談すると良いでしょう。例えば、歯が弱くなった人にはおかずを細かく切って提供したり、消化機能の負担を軽減するためにおかゆなどの飲み込むだけで良い介護食も提供してくれます。近年、介護需要は高まっていて携わっているスタッフは看護師などと連携して、入居している高齢者のために一番良い方法を考えてくれます。サポートする家族も悩みなどがあれば、積極的に相談して話し合うことをおすすめします。快適に高齢者が生活できるために状況の変化に柔軟に対応していきましょう。