自宅でも作れる介護食のレシピ|楽しい食事時間にするために

安心できる施設選び

部屋

このように高齢者にとって、介護施設は安全・安楽を得られる最良の場になる一方で、施設選びは慎重に行う必要があります。有料老人ホームには料金のみでなく、医療面、介護面、最期の看取り方など、様々なバリエーションがありますので、状態に応じた施設選びが望まれます。

もっと読む

介護施設のユニフォームを

介護

身体を使った業務が多い介護の現場では、汚れに強く清潔感のある介護服が必要になります。そんな時には專門の通販を気軽に利用してみると、お手頃な価格で目的に合ったものをスムーズに揃えることができて便利です。

もっと読む

年をとっても食は大事です

食事する老人

おいしく食べるコツとは

いくつになっても自分で食事ができることは長生きの秘訣だと思います。少しの量でも自分の歯で噛んで食べることは、脳の状態を良好にするそうです。そのためには料理をする側にも工夫や注意が必要になってきますが、圧力鍋や蒸し器などを使って柔らかく仕上げ、噛みやすい固さに作って仕上げる工夫も大切なことでしょうか。介護食もレシピサイトなどを利用して、ご本人の好みを考えながら作ってみるなどして日々の食卓に生かしてみるのも必要なことです。年を重ねると胃も消化に時間がかかるといわれていますが、消化に良く飲み込みなどにも負担のかからない介護食レシピ検索するとよいのではないかと思います。ネットにもたくさん載っていますので利用するとまた違ったレシピになると思います。誰でも年老いていくのですが、いつまでも食べることに意欲をもって毎日の楽しみになるような介護食のレシピを考えたいものですね。病院やケアセンターなどでも介護食のレシピをアドバイスしてくれるところもあるので、積極的に利用して介護食レシピを増やし、介護する側もされる側も楽しく食事をしたいものですね。

調理に知っておきたいこと

介護食のレシピもお年寄りのかみ砕きや飲み込める力の状態などに合わせて調理することが必要です。野菜なども細かく刻んだり柔らかく煮たり、炒めたりなどの工夫も大事ですが、飲み込む力を助けるためには調理する際もとろみをつけたりした介護食レシピを工夫する必要があります。うまく飲み込めないと食道を通っていかずに肺に入ってしまう誤嚥性肺炎などを引き起こすことがあるので気を付けましょう。また介護される方の注意も介護食レシピには必要ですが、毎日作る側もあれこれと工夫をして介護食を作るのも大変です。上手に専用のレトルト食品などや宅配も利用してみるといいでしょう。毎日作っている間にはマンネリ化したり、行き詰まったりしがちです。普段の生活でもレシピを考えるのは大変なのです。またこれからの介護食作りのヒントになることもあるかと思いますので、上手に市販品などを組み込んでお互いの負担にならないように過ごしたいものですね。

生き生きと生活するために

介護師と女性

老人ホームやサービス付き高齢者住宅で提供される介護食は高齢者が美味しく食事を取れるような工夫がされています。また、状況に応じておかゆのような飲み込みやすいタイプに変更も可能なので必要があれば相談しましょう。

もっと読む